障害年金疑問解消ナビ

障害年金の申請方法と流れ

診断書の作成と書き方

診断書の作成と書き方についてですが、ほとんどの場合、障害者自身で作成や記入をすることは希で、大抵の場合は、初診日に該当する、一番最初に受診した医療機関を訪問し、当時の担当医師に依頼をすることになります。

最初のステップとしては、請求する傷病について、初診日の証明が必要となりますので、1番最初に受診した医療機関を訪問し、受診状況等証明書の作成を初診日当時の担当医師に依頼します。

次のステップとしては、診断書の作成を初診日当時の担当医師に依頼します。ここで、依頼する診断書の枚数や作成年月は、申請の時期や申請時の病状などにより、次のように異なるので、診断書の記載内容を点検する際に、注意が必要です。診断書の上記の形式については、障害認定日から1年以内に申請する場合は、障害認定日から3ヶ月以内の障害の症状について作成された診断書1枚が必要となります。

また、障害認定日から1年経過してから申請する場合は、障害認定日から3ヶ月以内の障害の症状で作成されたのものと、請求時点から3ヶ月以内に作成された診断書の2枚が必要となります。次に、事後重症による請求の場合、請求時点から3ヶ月以内の障害の症状で作成された診断書が1枚必要となります。次に、障害等級2級の請求で、2つの障害に該当する傷病がある場合、請求時から3ヶ月以内の障害症状で作成された診断書が2枚必要となります。

最後のステップとしては、医師が作成した診断書に不備、記載漏れや、誤字脱字がないかチェックします。不備などがあるときは追記または修正を医師に依頼しましょう。

主なチェック内容としては、裁定請求者の氏名、生年月日、性別、住所の記載漏れ、誤字脱字や不備、次に、初診日、発病日の記載漏れ、誤字脱字や不備、次に、症状の状態や現症年月日の記載漏れ、誤字脱字や不備、次に、予後や日常生活能力、労働能力の記載の記入漏れや誤り、最後に、当該病院の名称、所在地、医師名欄の記載の不備や誤り、などです。