障害年金疑問解消ナビ

統合失調症の障害年金について

統合失調症とは

統合失調症とは、妄想や幻覚などの多彩な症状を示す、精神疾患の一つです。日本では、2002年、平成14年まで精神分裂病と呼ばれていました。発病率は全人口の約1%程度で、10代から40代くらいまでの比較的若い世代に起きやすく、一生の間で約100人に1人がかかる病気と言われています。

主な症状としては、実際には存在しない声や音が聞こえる幻聴やあり得ないことを信じ込んでしまう妄想や、頭の中が混乱して考えがまとまらなくなる思考障害、興奮症状などがあり、これらの症状は、まとめて陽性症状と呼ばれます。また、意欲の低下や自閉傾向など、エネルギーが無くなったような状態になることも多く、これらは陰性症状と呼ばれます。

さらに、幻覚や妄想は、本人にとって全くの現実と感じられるため、発病を自覚できないことがあります。症状によっては、本人より先に家族や友人が異変に気づくことも多いようです。

原因は現在でも解明されていませんが、その人の生まれつきの素質、能力やストレスに対する適応力、またはストレスを引き起こすような環境条件などがからみ合って発症します。脳内には神経伝達物質と呼ばれる物質が存在し、その量の異常も関係していると考えられています。

治療方法としては、精神科による薬物療法や、リハビリテーションなどがあります。薬物療法では神経伝達物質の分量を調整することができる、抗精神病薬を使用します。近年の抗精神病薬は、妄想、幻覚を取去る効果があるだけでなく、これまでは治療が困難でした陰性症状の改善にも効果があります。

精神科リハビリテーションは、精神状態の不調な状態をリハビリします。このように、治療法の進歩によって、適切な治療の継続により、その症状をある程度安定化させ、軽快することができます。