障害年金疑問解消ナビ

障害年金の種類

障害基礎年金

障害基礎年金とは、障害年金の中でも、国民年金法に基づいて給付されるものです。つまり、国民年金の被保険者であること、日本国内に住所を所有することや、年齢が20才以上65才未満であることが、大前提となります。

これらの前提条件を満たした上で、さらに規定の要件を満たすと障害者として認定されます。これを認定要件といい、初めて医師の診断をうけた日から1年6ヶ月経過したときに障害の状態にあるか、または65才になるまでの間に障害の状態になったとき、その時期を障害認定日とみなされます。

例えば、障害者認定日とみなされる例としては、人工透析療法を受けている場合に、透析を受け始めてから3ヶ月経過した日、人工骨や人工臓器などを挿入、置換した場合は、挿入、置換した日、内臓の手術をした場合は、該当する手術をした日、切断または離脱による肢体の障害の場合は、切断または離脱した日、臓器などの全摘出した場合は、全摘出した日、在宅酸素療法を受けている場合は、その療法を開始した日、などが該当します。

障害基礎年金の場合、該当する障害等級は、1級と2級までであり、3級は該当しません。また、受給額については、年度によって異なりますので、日本年金機構などの相談窓口で必ず確認しましょう。ちなみに、18才到達年度の末日までにある子供がいる場合や、20才未満の障害者がいる場合は、子供の人数によって受給額が加算されます。

ちなみに、障害基礎年金と、老齢基礎年金を重複して受給することはできませんので、注意が必要です。