障害年金疑問解消ナビ

障害年金の種類

障害厚生年金

障害厚生年金とは、厚生年金保険法に基づいて支給されるものです。これとほぼ同様の年金としては、公務員などが加入している共済年金や、船員保険法という法律に基づいて支給される、船員のための障害年金があります。

支給要件としては、厚生年金に加入している期間中に、初診日のある病気やケガで、障害基礎年金の1級または2級に該当する障害の状態になった場合に、障害基礎年金に上乗せする形で障害厚生年金が支給されます。また、障害認定時は、障害基礎年金と同様です。

障害厚生年金の等級としては、1級、2級、3級の3種類があります。3級は、障害の状態が2級に該当しない軽い程度の障害状態の場合に支給されます。ちなみに、初診日から5年以内に病気やケガが治り、障害厚生年金の3級の症状よりも軽い障害が残った場合には、障害手当金が一時金の形で支給されます。

次に、受給額についてですが、生涯基礎年金の場合と少し異なり、等級ごとに、報酬比例の年金額や、配偶者の加給年金額から計算して受給額を決定します。しかし、詳細としては、等級や受給年度によって計算式の規定などが変更される場合がありますので、念のため、日本年金機構などの相談窓口で必ず確認するようにしましょう。

また、厚生年金の類の場合、60才になると、老齢厚生年金の受給資格・条件が満たされますので、老齢厚生年金か、障害厚生年金か、どちらか一方を選択しなくてはいけません。

以上のように、障害厚生年金は、障害基礎年金と比較して、受給金額が高い場合が多く、受給対象範囲も障害基礎年金より広くなっていることがわかります。