障害年金疑問解消ナビ

障害者手帳について

障害者手帳の種類

障害者手帳とは、障害者として公的に認定を受けると発行される次のものを指しています。障害者手帳は、障害年金など、様々な種類の福祉制度を利用するために、障害者にとっては必要不可欠なものです。

身体障害者手帳は、視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語・そしゃく機能、手足の不自由、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、免疫機能などに障害のある方に交付されます。手帳の等級は、障害の程度により1級から6級までの区分があります。詳しい等級と症状については、身体障害者障害程度等級表に一通り記載されています。

障害者手帳には、主に身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種類があります。表紙には、障害者手帳とのみ表示され、表紙を見ただけでは障害の種類は分からないようになっています。

障害者手帳は、場合によっては、身体障害者を対象とする、身体障害者手帳のみを指すこともあります。一般に、障害者手帳、と称する場合、あらゆる障害者の手帳を指す場合、精神障害者の手帳のみを指す場合、および身体障害者の手帳のみを指す場合の3通りがあります。そこで、手帳の制度について知識がない人にとっては、障害者手帳という用語は、混乱を招くこともあります。

また、障害の種類や程度などにより、年金、手当などの様々な制度、事業があります。 申請を行うことで、いつでも交付、再交付されます。障害者福祉のしおりと呼ばれるパンフレットのようなものが、毎年度発行していて、最寄の役所などでもらえますので、内容をよく読んで、必要に応じて申請の手続きをとりましょう。