障害年金疑問解消ナビ

障害年金の等級

等級表

障害年金の等級については、等級表と呼ばれる、等級毎に病症が記載された表があります。1級に該当する病症としては、両眼の裸眼視力の合計が0.04以下の場合、両耳の聴力レベルが100db以上の場合、両腕の機能に顕著な障害がある場合、両腕の全ての指を欠いている場合、両腕の全ての指の機能に顕著な障害がある場合、両脚の機能に顕著な障害がある場合、両脚の足関節以上が欠いている場合、胴体の機能について、座っていることができない、又は立ち上がることができない程度の障害がある場合、上記のほか、身体の機能の障害、又は長期にわたる安静を必要とする病状が、上記と同程度以上と認められる病症であり、日常生活上の動作を自力で行うことができない程度の場合、精神の障害で、病症が上記と同程度以上と認められる場合、身体の機能の障害、もしくは病症又は、精神の障害が重複する場合であり、且つ、その状態が上記と同程度以上と認められる病床の場合などです。

次に、2級に該当する病症としては、両眼の矯正視力の和が0.05以上0.08以下の場合、両耳の聴力レベルが90デシベル以上の場合、平衡感覚や機能に著しい障害がある場合、食べ物などの、そしゃくの機能に障害がある場合、音声又は言語機能に著しい障害がある場合、両腕の親指および、ひとさし指又は中指が欠落した場合、両腕の親指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障害がある場合、片方の腕の機能に著しい障害がある場合、片方の腕の全ての指を欠いている場合、片方の腕の全ての指の機能に著しい障害がある場合、両脚の全ての指を欠いている場合、片脚の機能に著しい障害がある場合、片脚を足関節以上で欠いている場合、胴体の機能に歩行が不可能な程度の障害がある場合などがあります。