障害年金疑問解消ナビ

うつ病で障害年金がもらえるか?

症状による等級の判定

俗に言う、そううつ病、双極性感情障害、について、厚生労働省による年金の認定基準は以下となります。うつ病、気分変調症など、他の気分や感情の障害についても同様の基準で認定されます。

1級の認定機銃としては、気分、意欲、行動の障害が著しい場合、及び高度の思考障害の病相があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、日常的な介護を必要とする場合などです。

次に、2級の認定基準としては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病症があり、かつ、これらの病症が持続したり、又はひんぱんに繰り返したりするため、日常生活において著しい制限を受ける場合などです。ここで、日常生活で著しい制限を受ける程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はなく、日常生活が極めて困難で、自らの労働により収入を得ることができない程度を指しています。

次に、3級の認定機銃としては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病症があり、その病状が著しくない場合でも、この病症が持続したり、又は繰り返し発症したりして、労働活動などが制限を受ける場合を指しています。

上記の各病症のうち、気分、感情障害の等級の判定を行う場合、特にそううつ病の場合は、診断時の病症のみで判定する事は不十分であり、病症の経過や、病症にみょる日常生活などの状態を十分考慮する必要があります。また、神経症の場合では、原則として認定の対象とはなりません。

しかし、病症から食んだインして精神病の病態を示している場合については、精神分裂病又は、そううつ病の基準に基づいて判定されます。